世界のニュース トトメス5世

経済・マネー・外交・防衛ほか

2015年09月

          スポンサー リンク

インドネシア高速鉄道を中国が受注 左派政権の裏切りか

今回の計画は全体の一部
2014-01-30-01-21-44_1
引用:http://www.jakartashimbun.com/images/2014/2014-01-30-01-21-44_1.jpg


白紙撤回したと表明していたインドネシアの高速鉄道は、何故か中国案を「歓迎する」事になった。

だまし討ちのような展開からは、現政権と中国との黒い関係が連想される。


突然の裏切り

インドネシアのジャワ島を縦断する高速鉄道計画は不透明な展開の末、中国案が採択されたと報じられました。

約870キロの高速鉄道計画のうち、首都ジャカルタからの140キロが今回の計画で、日中が争っていました。

ジョコ大統領は9月3日「どちらも受注せず、中速度の鉄道に変更する」と述べた。
続きを読む

          スポンサー リンク

無許可 民泊・シェアハウスビジネス ホテル不足で合法化へ

大田区は区域を限定して民泊を許可する
51731_01
引用:http://www.travelvoice.jp/wp-content/uploads/2015/09/51731_01.png


無許可で住居内に旅行者を泊める「民泊」が拡大しているが、旅館業法では違法とされている。

しかしホテル不足から黙認されていて、法制度が追いついていないとされています。


民泊がブーム

民家の空き部屋やマンションの一室を宿泊所として有料で貸す「民泊」が広がっています。

背景には外国人観光客が激増して、ホテルに収容しきれず、ホテル不足が深刻になっている事があります。

カプセルホテル、ネットカフェ、簡易宿泊所、ゲストハウスなどもあるが、増え続ける宿泊者に対処できていません。
続きを読む

携帯料金は不公正 安倍首相が値下げを指示

唐突な感はあるが高すぎるのは事実
d0333405_21582855
http://pds.exblog.jp/pds/1/201509/17/05/d0333405_21582855.jpg


安倍首相は安保法制が成立するとやおら「携帯料金が高すぎる」と言い出し、値下げさせるように指示しました。

目くらましの感はするものの、日本の携帯料金が高すぎるのは、まぎれもない事実でした。


競争なき世界

安倍首相は9月11日、経済財政諮問会議で携帯電話料金が高すぎるとして、引き下げる方針を示しました。

会議で首相は高市早苗総務相に料金を引き下げるよう指示したと、出席した甘利経済相が記者団に語りました。

甘利大臣の説明では携帯通信料が家庭支出に占める割合が突出しているうえ、3社横並びで競争していないと厳しい批判をした。
続きを読む

VW不正ソフトはボッシュが開発 発売前から把握していた

不正ソフトを開発したのは欧州最大の自動車関連機器メーカー、ボッシュだった。
発売前に不正を知っていたにも関わらず当局に報告しませんでした。
20150928biz00m010011000p_size8
引用:http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/premier/business/data/images/20150928biz00m010011000p_size8.jpg


VWの不正エンジンEA189は2008年から販売されたが、不正ソフトを開発したボッシュ社は2007年には把握していた。

だがボッシュは「雇い主」の違法行為を通報する事無く、見て見ぬふりをし続けた。


VWの経済規模

VWのドイツでの雇用者数は約27万人で、7人に一人が自動車に関連した職業に従事しています。

米環境保護局(EPA)は最大約180億ドル(約2兆円)の罰金を課す事にしているが、VWの2014年の営業利益よりも多い。

自動車業界ではトヨタが利益率約8%でトップだが、VWは半分の約4%に過ぎないとも言われています。
続きを読む

中国バブル崩壊で資源価格暴落、苦しむ資源国家

アメリカはドルをばら撒き、ドルは中国に投資され、中国は資源を買い漁った
g-helicopter-big
引用:http://www.bullnotbull.com/gallery/images/g-helicopter-big.jpg

2000年代に資源価格が高騰して、日本が貿易赤字になったり、資源争奪とも言われました。

最近はガラリと変わって資源価格が暴落し、あらゆる資源が半値になりました。


資源バブルを謳歌した中国

10年ほど前に中国は盛んに「資源外交」を展開して、世界中から資源をかき集めていました。

経済成長によって中国の資源需要は急増し、2000年以降は10%を超える経済成長率をも、上回るペースで需要が伸びました。

中国は2050年ごろまで2桁成長を続ける計画を建てていたので、計算すると地球の資源の何割かを中国が消費する事になります。
続きを読む
          スポンサー リンク

     スポンサー リンク
記事検索
メッセージ
アクセスカウンター

         スポンサー リンク
    • ライブドアブログ